Baku-cla earth diver vol.3

Classical music in the tunnels

~Percussion, choral, guitar, flute, vocal and orchestra sounds in the dark~

Aigi tunnels in Kasugai

November 17th, 2019

Open 12:00 Start 13:00 Close 16:00

In the dark, our imagination always works harder than in bright light.

(Immanuel Kant)

INFOMATION

Performer

 

Masako Hayashi (vocal:soprano)

Hideki Ikegami (percussion,marimba,performance)

Mayu Izumi(flute)

Gen Matsuda(guitar)

12 Female ensemble Marimoza

Takeshi Shirai, Primitchibu(voice and body performance)

Ken Ishiguro(sound system:Acoustic Revive)

Reiko Yuyama(sound artist)

 

 

Date/Time

 

 Sunday, November 17th, 2019

 Open 12:00

 Start 13:00

 Close 16:00

 

 

Charge

 

General(pre)  ¥5,500

VIP (pre) ¥7,700 (20 limited, Special chair in the tunnels) 

※Including tax. 

 

General(same-day) ¥6,000

An application of a ticket is Peatix

※Please click on the red text Peatix

 

 

Place

 

 Aigi tunnels No. 3 - 6

Kidzuki-cho, Kasugai-city, Aichi

Tamano-cho, Kasugai-city, Aichi

 

 

Access

 

 JR Chuo-line, Jokoji-station

 The entrance locates at 300m points by walking  upward on the small path under the station.

CONCEPT

Aigi tunnels, an industrial heritage consisted of 13 tunnels, left on the ruins of the former JNR Chuo West Line. This is a Site-specific art of classical music using four tunnel spaces from No. 3 to No. 6 (Jokoji Station to prefectural border).

 

The project set themes to four acoustic spaces each, the temperature, smell, jet-black darkness, and cave that are isolated from the outside. As moves through the tunnel, audience would encounter first the percussion instrument, then the chorus, the third instrumental live performance, the last is the live soprano vocal music. And the symphony was on-air using the sound system acoustic which is specially designed.  This is an attempt to experience changes in the sense of darkness and the sharpened sense of hearing and the five senses through a “place” where consciousness goes out from the generation of music to its evolution and human relations.

   Percussion instruments are played in the first tunnel No. 3. From the moment humans began to use tools, the act of “sounding things and making sounds” began, which immediately became a method of communication, causing people to feel unity with rhythm, bringing play and pleasure It became “beginning of music”. When the percussion beat beats in the dark, the audience's heart is the same as the Cro-Magnon who hit the lime icicles hanging in the limestone cave.

 

The chorus will be heard in the next tunnel. It was the hymns sung in the church that greatly contributed to the Christian mission. It was a way of faith that to be closed to God through voice, and the utterance method that echoed the voice beautifully in the church space led to the Bel Canto chanting method that later made the Grand Theater appear. Here you can enjoy the sound of a female ensemble of 10 voices in the dark.

 

 

The next No. 5 tunnel will be played with two instruments: flute and classical guitar. As you can see from the name of the grass flute, the flute is like the beginning of a musical instrument, and the guitar is a musical instrument of the soul of the gypsy folk who lived in a cellar. The sound of two instruments with full of humanity will highlight the human nature of creating a group out of loneliness and the inevitability of instrumental music such as whistle and strings.

 

 

Soprano first appears in the darkness of the 6th tunnel. Soprano utterances as if “a natural phenomenon rather than a human voice” will cause a different world to appear in the tunnel space. And the acoustic experience of the orchestra sound that flows in the darkness, not the concert hall, is exactly the communication with the other world. Honegger's Movement Symphonic No. 1 “Pacific 231”, incorporating the noise of steam locomotives into music, evokes the memory of the land through a tribute to the railroad that passed through the space.  Also, the live version of the concert with the Berlin Philharmonic, the last concert during the war, before Furtwangler's escape from Berlin, “Brahms / Symphony No.1 the last Movement”, transcends time and space and brings the audience into a deep spiritual realm. 

 

About Aigi tunnels

 

“Aigi Tunnesls” are an industrial heritage consisting of a total of 13 tunnels left on the ruins of the JNR Chuo West Line between Nagoya and Tajimi, They were used from 1900 to 1966 and now are left in an area of about 8 km along the Shonaigawa-river. These tunnels that have been abandoned more than 40 years. Currently, a Committee of kasugai Citizen and Aigi Tunnels Conservation and Regeneration Committee (currently a non-profit organization) work on discovery and maintenance. The tunnels between No. 3 and No. 6 (Jokoji Station-prefectural border) has improved enough to open to the public in spring and autumn. The Tajimi branch was newly established in the committee and they prepares for redevelopment of the No. 7-14 tunnel.

About Baku-cla earth diver

 

Baku-cla earth diver is a sound art project by YUYAMA Reiko (Sound Artist) + ISHIGURO Ken (Sound System / ACOUSTIC REVIVE), that creating experience of classical music through five senses and more, while feeling the charm of the local area, such as temperature, air feeling, smell, memory of the land This is a sound art project that creates a music environment experience. Escape classical music from the concert venue and listen to it in the “environment” of nature, buildings, etc. in the natural light of temperature, smell, wind and changing lights = “feel”.

 

 

On December 1st, 2018, we held a “Ship Concert to Experience the Factory Night View of the Mizushima Seaside-industrial Area and the Seto-Inland Sea” in Kojima, Kurashiki City, Okayama. The sound system was brought into a sightseeing boat with a capacity of 70 people, and a time art consisting of classic music, moving scenes from the ship, and vibrations felt on the ship was carried out. Chartered a 70-person capacity ship, equipped with a sound system, the first flight went to the Seto-Inland Sea at sunset, and the second flight went out in the darkness of darkness along with the factory night view of the Mizushima Seaside-industrial Area.

 

 

On May 3rd and 4th 2019, “Hear the stereo sound in the sculptor's atelier-Stravinsky, the voice of a person,” the man of modern sculpture in Japan in Yanaka, Tokyo Conducted at Hiragushi Denchu's House. A new sound and opportunity for classical music were created in a glass-walled atelier, a rich and creative architectural space of the time. In late 1970, on the eve of the CD, brought in a home audio system made by a Japanese consumer electronics maker with all the power of the technology, and listened to Stravinsky and other records. It was an attempt by site-specific art to create the time and space of the era when "music was something that people bothered to listen to".

PROGRAM

The audience starts the music experience from the 3rd tunnel, moves through all 4 tunnels, and meets the performance & sound image. The performance time is about 20 minutes for the tunnels 3, 4 and 5 and about 70 minutes for the last tunnel No. 6.

Ⅰ  No. 3 tunnel “Percussion and Vocal in the dark”

池上英樹(打楽器・マリンバ・パフォーマンス) 

Hideki Ikegami (percussion,marimba,performance)

第46回ミュンヘン国際音楽コンクール打楽器部門で最高位入賞。第16回日本管打楽器コンクール打楽器部門第2位入賞。青山音楽賞、文化庁芸術祭音楽部門新人賞などを受賞。パリ国立高等音楽院、カールスルーエ音楽大学ソリスト科で学び、帰国後2004年リサイタル<Performance!! >を行う。ヨーロッパでは著名なピアニスト、ヴァイオリニスト、オペラ歌手に師事し、特にオペラ歌手のもとでベルカント唱法を打楽器に応用する技術を学ぶ。世界各国の音楽祭の他、富士山河口湖音楽祭、ラフォルジュルネジャポン、東京春音楽祭、仙台クラシックフェスティバル、サントリーサマーフェスティバル、軽井沢八月祭、ロームミュージックフェスティバル等に出演。また山梨での音楽活動がドキュメンタリー番組や24時間テレビなどで放送。テレビ朝日<題名のない音楽会>他メディアにも度々出演している。サントリー音楽財団25周年記念公演でクセナキス<オレステイア>の打楽器ソロを務め、マリンバでは、東京春音楽祭にて全曲バッハプログラムで公演を行う。近年は作曲、編曲活動に加え、フラメンコダンサーとしても邁進しており、2014年より打楽器を中心にダンスパフォーマンスを融合させた自作自演の一人舞台<MOSAIC-モザイク>を発表し始める。唯一無二の世界観を持った打楽器界の鬼才。

http://www.ikegamihideki.com

白井剛史/プリミ恥部(ボイス&身体パフォーマンス) 

Takeshi Shirai, Primitchibu(voice and body performance)

プリミ恥部名義の音源として『シュペルヴィエル』『プリミ恥部な世界サウンドトラック』『UFOPIA』を自身が主宰するレーベル『whiteholerecords』よりリリース。映画『プリミ恥部な世界』監修。チャットモンチーMV『春夏秋』クリエイティブプロデューサー。LAWSON HMVで吉本ばなな、矢作直樹、TOWA TEI、UA、辛酸なめ子、瀧波ユカリ、中原昌也YOSHIMI(Boredoms)、IPPI、オオルタイチ、河野未彩等と対談。著書に『樹ぴター』(文芸社刊)『気をつかわずに愛をつかう』(アーバンプロ出版センター)『愛を味方にする生き方』(青林堂)『「違うこと」をしないこと』※吉本ばななとの特別対談を収録(角川書店)『地球の新しい愛し方』(青林堂)宇宙マッサージをする。(9年間で約45000人)。

Ⅱ  No. 4 tunnel “Chorus in the dark”

名古屋芸大・女声アンサンブルMarimo座(女声アンサンブル)

12 Female ensemble Marimoza

名古屋芸大の声楽家たちで構成され、ソロ活動に加え女声アンサンブルとしても精力的に活動。2011年第1回目のコンサート(電機文化会館)が好評を博す。その後、東海地方を中心に美しい女声アンサンブルで効く人を魅了している。レバートリーはミサ等の宗教曲からオペラ・オペレッタ・邦人作品の合唱曲まで幅広い。2016年ウィーン国立劇場出の復興支援コンサート、聖シュテファン大聖堂奉納演奏に出演。いずれも源太の音楽関係者から高い評価を受け、絶賛される。今夏はイタリア・ヴァチカン市国より招待され、サン・ビエトロ大聖堂ミサ、システィーナ礼拝堂奉納演奏を行う。また、アッシジ・サン フランチェスコ大聖堂でのコンサートにも出演。同教会の聖歌隊合唱ともコラボレーションが決まっており、文化交流の役割も果たしている。現在、主宰馬場浩子とメンバー13名。専属ピアニスト秀平雄二。

Ⅲ  No. 5 tunnel “Flute and Guitar in the dark”

泉真由 (フルート)

Mayu Izumi(flute)

高知県出身。桐朋学園大学を首席で卒業。第13回日本フルートコンヴェンションコンクールソロ部門第1位、吉田雅夫賞。第21回日本木管コンクール第2位。他多数入賞。(一財)地域創造 公共ホール音楽活性化事業(おんかつ)登録アーティスト。これまでに2枚のCDをリリース。レコード芸術特選盤。現在は、ソロ、室内楽奏者としての活動と、日本各地のプロオーケストラ、吹奏楽団に客演を重ねる。2019年より琉球フィルハーモニックオーケストラ客演首席フルート奏者に就任。桐朋学園大学、洗足学園音楽大学で非常勤講師を務め、後進の育成に力を入れている。第9回かわさき産業親善大使。

松田弦(ギター)

Gen Matsuda(guitar)

高知県黒潮町出身。16才からクラシックギターを始める。2009年第52回東京国際ギターコンクール第1位、2013年アントニー国際ギターコンクール(フランス)第1位をはじめ、2000年~2013年のあいだに国内外8つのコンクールで第1位受賞。2013年、CD「弦想~Gen-Soul~」でキングレコードからメジャーデビューし、2014年、CD「esperanza」発売。2017年、フォンテックより「everGrEeN」発売。3枚ともレコード芸術誌にて特選盤。など、7枚のCDを発売。2011年~2016年にフランス、オーストリア、スペインに留学。日本各地を始め、オーストリア、ドイツ、フランス、スペインなどでもリサイタルを行う。クラシック以外との共演も多く、活動の幅を広げている。http://www.matsuda-gen.com

Ⅳ No. 6 tunnel “Vocal, Symphony and Orchestra in the dark”

林正子(ソプラノ)

Masako Hayashi (vocal:soprano)

京芸術大学音楽学部声楽科卒業、同大学院修了。二期会オペラスタジオ修了。原田茂生、竹村靖子、マルチェッラ・レアーレ、ジル・キャシュマイユの各氏に師事。学部在学中に安宅賞受賞。2001年五島記念文化オペラ新人賞受賞。『コシ・ファン・トゥッテ』フィオルディリージ、『椿姫』ヴィオレッタ、『リエンツィ』イレーネ、『ラ・ボエーム』ミミ、『タンホイザー』ヴェーヌスなどのオペラ出演のかたわら、東京都交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、新星日本交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団などの交響曲やレクイエムのソリストをつとめる。又、96年、99年銀座セゾン劇場公演「マスター・クラス」のシャロン役をつとめるなど活躍の範囲を広げた。1998年、スイス・ロマンド管のドイツレクイエム以後、オーストリアの音楽祭にて、ナポリ、テアトロ、サンカルロのヴェルディレクイエムをはじめとして、ヨーロッパでのコンサート活動を始める。第3回藤沢オペラコンクール第1位、福永章受賞。2000年トゥルーズオペラ国際コンクール入賞。02年1月新国立劇場・二期会共催『忠臣蔵』お艶、同年7・8月二期会公演『ニュルンベルクのマイスタージンガー』エーファで出演。03年2月二期会公演『カルメン』ミカエラで出演。現在、ジュネーブ音楽院在学中。二期会会員。

湯山玲子(サウンドアーティスト)

Reiko Yuyama(sound artist)

著述家、プロデューサー。現場主義をモットーに、クラブカルチャー、映画、音楽、食、ファッション等、博覧強記にセンスが加わった独特の視点にはファンが多い。 NHK『ごごナマ』、MXテレビ『ばらいろダンディー』レギュラー、TBS『情報7daysニュースキャスター』などにコメンテーターとしても出演。著作に『女ひとり寿司』 ( 幻冬舍文庫 ) 、 『クラブカルチャー ! 』( 毎日新聞出版局 ) 『女装する女』 ( 新潮新書) 、『四十路越え ! 』( 角川文庫 ) 、上野千鶴子との対談集「快楽上等 ! 3.11 以降の生き方」 ( 幻冬舎) 。『文化系女子という生き方』 ( 大和書房)、『男をこじらせる前に』(kadikawa文庫) 等。ク日本大学藝術学部文芸学科非常勤講師。(有)ホウ71取締約。クラシック音楽の新しい聴き方を提案する爆クラ! 主宰。父は作曲家の湯山昭。

http://yuyamareiko.blogspot.com

石黒謙(サウンドシステム/アコースティックリバイヴ)

Ken Ishiguro(sound system:Acoustic Revive)

日本が誇るオーディオケーブル・アクセサリーメーカー、ACOUSTIC REVIVE代表。その製品は世界各国で高い評価を受けており、フランスの音楽誌diapasonにおいて三度の金賞に輝く。アジア各国で「音神」と呼ばれ、独自の音質向上術により世界最大のオーディオイベントであるドイツミュンヘンハイエンドショーにおいて関与したブースを450社中最も音の良いブースに与えられるベストサウンドアワードに3年連続で導いた。音響調整技術はオーディオに留まらず、大手レコードメーカーのスタジオやライヴハウスの音響調整など多岐に渡る。

https://acousticrevive.jp

 

<Organizer>

 

爆クラ /Baku-cla

http://bakucla.oops.jp/main/

https://www.facebook.com/爆クラ-196157030454329/

 

<Cooperation>

 

Non-Profit Organization : Aigi Tunnels Conservation and Regeneration Committee

 

TOKYO MDE Co.,Ltd (Classical Music Magazine BRAVO)

 

NEKOMACHI CLUB

 

<Support>

FEMMEs du MONDE